冠動脈の異常である狭心症(angina pectoris)の外科的な施術としてはほとんどの病院で「大動脈内バルーンパンピング法」に加えて「冠動脈(かんどうみゃく)大動脈バイパス移植術(CABG)」の2つの異なる技法が熱心に利用されています。
一度永久歯の周囲を覆っている骨を浸食するほど悪化してしまった歯周病は、おそらく症状そのものが沈静化することがあっても、骨が元通りになるようなことは有り得ません。
めまいは出ないのに、しつこい耳鳴りと低音域の難聴の症状だけをいつまでも繰り返すタイプのことを「蝸牛(かぎゅう)型メニエール病(Cochlear Meniere’s Disease)」という事があるそうです。
スギの花粉が飛散する期間に、小さなお子さんが体温はいつもと変わらないのにしょっちゅうクシャミしたり鼻水が止む気配をみせない状況なら、杉花粉症の可能性があるでしょう。
学校や幼稚園などの大規模な団体生活をするにあたって、花粉症が原因でクラスメイトと同様に外で元気に運動ができないのは、当事者にとっても悔しいことです。

吐血と喀血はどちらも口から血を吐くことですが、喀血は喉から肺を繋いでいる気道(呼吸器の一種)から出血する状態で、吐血というものは十二指腸より上部にある食道などの消化管から出血する症状を示しているのです。
ハーバード医科大学の調査データによると、通常のコーヒーと比較して1日あたり2~3杯はカフェインの取り除かれたコーヒーを飲用することで、恐ろしい直腸癌の発生率を5割以上も減少させることができたらしい。
Raffi(ラフィー)って本当に効果ある?効果・口コミ徹底検証!
よく耳にする心筋梗塞とは冠動脈の動脈硬化によって血液の通り道である血管の内腔が狭まり、血液の流れが途切れ、酸素や色々な栄養が心筋に送られず、筋肉細胞が壊死するという大変危険な病気です。
歳を重ねることが原因の難聴ではじわじわと聴力が落ちるものの、大体において60歳を超えないと耳の老化をしっかりと把握できないものです。
インフルエンザ(流感)に対応する予防術や処置等必然的な対処策は、それが季節性インフルエンザでも未知なる新型インフルエンザでもほぼ変わりません。

一見すると「ストレス」は、「なくすもの」「除外しなければいけない」ものと捉えがちですが、実のところ、我々人は様々な場面でストレスを受けているからこそ、生き延びることができています。
クモ膜下出血(SAH)は90%弱が脳動脈りゅうと言われる血管が変形してできた不必要な瘤(こぶ)が裂けて脳内出血する事によって起こる脳の病気なのです。
ポリフェノールで最も有名な特性は水溶性のL-アスコルビン酸(ビタミンC)や脂溶性のトコフェロールなどとは異なって、細胞と細胞の間の水溶性部分、脂溶性部分、ひいては細胞膜でも酸化を防ぐ作用をいかんなく発揮します。
インキンタムシ(陰金田虫)というのは、医学的に股部白癬という病名を持ち、カビの一種である白癬菌が股部、陰嚢、お尻などの部位に感染してしまい、寄生してしまう感染症で俗に言う水虫のことなのです。
耳鳴りは2種類に大別され、本人だけに感じられるという特徴を持った「自覚的耳鳴り」と、血液の流れなどのように本人だけでなく他の人にも高性能マイクロホンなどを使用すると聞けるというタイプの「他覚的耳鳴り」とがあり、治療の方法が変わります。