黴菌やウィルスなどの病気をもたらす病原微生物が肺へ侵入し発病し、肺そのものが炎症反応を起こしている有様を「肺炎」と呼んでいるのです。
うつ病は脳の中で分泌される神経伝達物質であるセロトニンが足りず、憂うつ感、なかなか寝付けない不眠、著しい倦怠感、疲労感、食欲低下、体重の減少、焦り、極端な意欲の低下、希死念慮、そして重症の場合自殺企図などの様々な症状が見られます。
「沈黙の臓器」とも言われる肝臓に脂肪(脂質)やコレステロールが付着した状態の脂肪肝(steatosis hepatis)という病気は、肝硬変等々色んな疾患の合併症の素因となる可能性が高いと考えられています。
2005年(H17)年以後トクホ(特定保健用食品・とくていほけんようしょくひん)の容器において「食生活は主食、主菜、副菜を基本に、食事のバランスを」の注意喚起の日本語のプリントが食品メーカーに義務付けられた。
脳内にある5-HT神経は、自律神経を調節したり痛みを防御し、あらゆる覚醒現象などを支配していて、単極性気分障害の患者さんでは作用が鈍くなってることが明らかになっているのだ。

スギ花粉症などの症状(水っ洟、鼻詰まり、クシャミなど)のせいで夜よく睡眠を取れないと、そのために慢性的な睡眠不足となり、翌朝起床してからの諸活動にダメージを及ぼすこともあります。
脂漏性皮膚炎(しろうせいひふえん)というのは皮脂分泌の異常が主因で現れる湿疹で、分泌がおかしくなる要因としてステロイドホルモンの一種である生殖ホルモンの不均衡、V.B.コンプレックスの慢性的な不足等が大きいと言われているのです。
http://torsemide.xyz/
前立腺は成長や働きにアンドロゲン(雄性ホルモン)がとても密に関係していて、前立腺に現れてしまったガンも同じように、アンドロゲン(雄性ホルモン)の作用で肥大化します。
鍼灸のハリを気になる所に刺す、というダイレクトな多数の刺激が、神経細胞を活発にし、神経インパルスと言われているいわば電気信号の化学伝達を引き起こすのではないかと考えられているのです。
消化器科の領域である急性腸炎(acute enteritis)は、大抵は腹痛・吐き気・嘔吐・腹下しを伴う程度で治まりますが、バイ菌の感染による腸炎の場合は強烈な腹痛・長引く悪心・繰り返す嘔吐・止まらない下痢とともに38度台の高い発熱が見分けるポイントだといえます。

肥満(obesity)の状態というのは勿論あくまで食事内容や運動不足が主因ですが、内容量の変わらないごはんだったとしても、大慌てで食べ終わる早食いをしていれば体重過多に陥っている肥満(obesity)を招きやすくなるようです。
陰金田虫(インキンタムシ)という病気は若い男の人に多く見られる傾向があり、ほとんどの場合は股間の辺りにのみ拡大し、運動をしたり、風呂に入った後など全身が温まった時に強烈な掻痒感が訪れます。
環状紅斑とは輪状、すなわち円い形をした紅い色の湿疹や鱗屑(りんせつ)など、様々な皮膚疾患の総合的な名前であり、誘因はあまりにも様々だといえます。
結核への対策は、1951年に誕生した「結核予防法」に沿って行われてきましたが、56年後の平成19年からは数多くある他の感染症とひとくくりにして「感染症の予防及び感染症の患者に対する医療に関する法律」に従って行われることになったのです。
アミノ酸であるグルタチオン(Glutathione)は、細胞の機能を鈍くしたり変異を誘引する人体に対する有害物質を体の中で解毒し、肝臓のパワーを促進するような力が認識されています。