汗疱状湿疹は手の平や足裏、または指と指の隙間などにブツブツの水疱がみられる皮膚病で、広くはあせもと言われており、足の裏に出ると水虫と勘違いされることが結構あります。
生活習慣が主因の2型に対し、1型糖尿病という病気は、膵臓に存在している血糖値を下げるインスリンを分泌するβ細胞が壊れてしまい、結果的に膵臓からはほぼインスリンが出なくなることで発病してしまうタイプの糖尿病なのです。
環状紅斑は環状、つまりは円い形をした赤い色の発疹など、皮膚の病気の総称であって、病因はまったくもって多種多様だということができます。
グラスファイバーでできたギプスは、大変強くて重くない上に長期間の使用に耐えることができ、濡れてしまっても壊れずに使用できるというメリットがあり、今のギプスの中でも主流となるまでに浸透しました。
UV-Bは、UV-Aに比べると波長が短いという性質があり、大気中に存在するオゾン層を通過する際にその一部分が吸収されるものの、地表まで届いたUV-Bは肌の表皮内で細胞の遺伝情報を破損させたりして、皮ふに悪影響をもたらすことが明らかになっています。

花粉症というものは、山林の杉やヒノキ、マツ、ブタクサなどの花粉が元凶となり、クシャミ・目や皮膚の痒み・微熱・鼻詰まり・鼻水などの辛くて不快なアレルギー症状を起こしてしまう病気だということは、今や常識となりました。
体脂肪の量(somatic fat volume)に変動が無いのに、体重が食事・飲酒や排尿等で一時的に増減する際は、体重が増えた人の体脂肪率(body fat percentage、percent of body fat)は下がり、体重が減少すると体脂肪率が高まります。
ここで、こちらを参照してください。
薬やアルコール、合成保存料を始めとした食品添加物等を特殊な酵素で分解して無毒化する働きの事を解毒と称し、肝臓の非常に大切な働きのひとつだということは間違いありません。
高齢化が原因の難聴においてはちょっとずつ聴力が低下していきますが、多くの人は60歳を超えないと聴力の衰退をなかなか自覚できないのです。
むねやけが特徴の逆流性食道炎は、食事の欧米化に加えて能動喫煙・アルコールの習慣・脂肪過多などの生活習慣の質が低下したこと、ストレスなどによって、今日本人に多く発生している疾患の一種です。

70代以上の高齢者や慢性的な疾患を持っている方は、一際肺炎になりやすくてなかなか治らないデータがあるので、予防する意識や早め早めの治療が大切なのです。
アミノ酸の一種であるグルタチオン(Glutathione-SH、GSH)は、細胞の機能を悪化させたり突然変異をもたらす有害な物質を身体の中で解毒し、肝臓の動作を促進するような特性が判明しています。
バイキンやウィルスなど病気を齎す病原微生物、即ち病原体が口から肺の中に進入して発症してしまい、肺の内側が炎症を起こしてしまっている様子を「肺炎」と称しているのです。
もしも婦人科の血液検査で現時点でのエストロゲンとゲスターゲンの分泌量が基準値よりも少なくて早発閉経(POF)だと判明した場合は、足りていない女性ホルモンを補てんする処置等で改善が期待できます。
高熱が出る季節性インフルエンザ(seasonal influenza)を予防するワクチンでは、数多くの研究により、注射の効果を望めるのは、注射した日のおよそ2週間後から約150日程と考えられているのです。