「肝機能の減衰」については、血液検査のGOTやGPT、γ-グルタミルトランスペプチダーゼなどの値によって判断することができますが、ここ数年間で肝機能が悪化している日本人の数が徐々に増えているとされています。
季節性インフルエンザワクチン(seasonal influenza vaccine)では、これまでの膨大な研究結果から、予防の効用が望めるのは接種日の2週間後から150日程度だろうということが判明しています。
吐血と喀血は両方とも口腔からの出血ですが、喀血は喉から肺に続く気道(きどう、呼吸器の一つ)からの出血であり、吐血は無腸間膜小腸より上にある消化管から血が出る病状を示しているのです。
HIV、つまりエイズウイルスを保有している精液や血液の他、腟分泌液や母乳等の様々な体液が、乳飲み子や交渉相手などの傷口や粘膜等に接触すれば、HIV感染の可能性が高くなってくるのです。
30~39才までの間に更年期になったら、医学的に表すと「早発閉経(Premature Ovarian Failure)」という女性疾患に当てはまります(我が国では40歳未満の女の人が閉経してしまう症状のことを「早発閉経(そうはつへいけい・POF)」と言います)。

食事という行為は、食べようと考えた物をなんとなく口に入れて数十回咀嚼して嚥下して終わりだが、その後も身体はまことに健気に機能し異物を人体に取り込む努力をしているのだ。
腹部の右上にある肝臓に脂肪や食物由来コレステロールが多く溜まった脂肪肝(steatosis hepatis)は、動脈硬化や狭心症を筆頭に様々な病気を招く可能性が高いと考えられています。
http://torsemide.xyz/
基礎代謝量(kcal)というのは睡眠中ではない状態で命を保つ(心臓、口や鼻からの呼吸、腎臓の機能、体温や筋緊張のキープなど)のに必要となる最も低いエネルギー消費量のことを指しています。
塩分や脂肪分の大量摂取をやめた上で軽い運動を心がけるだけでなく、ストレスを蓄積しすぎない暮らしを意識することが狭心症の素因である動脈硬化を予め防ぐポイントなのです。
ストレスがかかり、蓄積していく構図や、便利で有用なストレス対処法など、ストレスに関しての基本的な知識を保持している方は、現時点ではさほど多くはありません。

お酒に含まれるアルコールを無毒化する効果のあるナイアシンは、不快な宿酔に効きます。辛い宿酔の誘因物質といわれるエタナールという化学物質の分解にも携わっているのです。
1型糖尿病というのは、膵臓(すいぞう)にあるインスリンを分泌するβ細胞が壊されてしまうことにより、その膵臓から必要量のインスリンが出なくなることで発症してしまう種類の糖尿病です。
男性だけにある前立腺はその生育や活動にアンドロゲン(男性ホルモン、雄性ホルモン)がとても密接に関係していますが、前立腺に出現した癌も同じように、アンドロゲン、すなわち雄性ホルモンの働きによって大きくなります。
脂漏性皮膚炎(しろうせいひふえん)とは皮脂の分泌異常が主因でもたらされる発疹で、皮脂分泌が異常をきたす因子としては男性ホルモンと卵胞ホルモン・黄体ホルモンの均衡の崩れやナイアシンなどビタミンB複合体の枯渇などが挙げられます。
突然発症する急性腸炎は、大半が腹痛・吐き気・嘔吐・下痢に見舞われる程度ですが細菌感染による腸炎の場合は凄まじい腹痛・ずっと続く吐き気・繰り返す嘔吐・下痢の他に38℃以上の高熱が出るのが見分けるポイントです。