体脂肪の量(somatic fat volume)は変動が見られないのに、体重だけが食物の摂取や排尿などによって一時的に増減する際、体重が増えた人は体脂肪率(body fat percentage、percent of body fat)は下がり、体重が減った方は体脂肪率が高くなるのです。
ジェネリック医薬品というものは新薬の特許が失われてしまった後に売られ、まったく同一の成分で金銭的な負担が小さい(クスリの金額が安価な)後発医薬品のことを意味しています。
基礎代謝量(kcal)は睡眠中ではない覚醒状態で生命を保っていく(心臓、鼻からの呼吸、腎機能、体温や筋緊張の保持等)のに欠かせない最も低いエネルギー消費量のことを言うのです。
収縮期血圧が140を超える高血圧が長い間継続すると、全身の血管に大きな負荷がかかり、頭頂からつま先までいろんな血管に障害が起こって、合併症を招く蓋然性が大きくなります。
「いつも時間に追われている」「面倒くさい色々な人間関係が嫌い」「あらゆる技術や情報の著しい高度化に追いつくのが大変」など、ストレスがのしかかる要因は人によって違います。

くしゃみに鼻みず、鼻詰まりや目のかゆみ・ゴロゴロするような異物が入っている感じなどの花粉症の辛い症状は、アレルゲンである花粉の飛ぶ量に追従したかのように悪くなってしまうという性質があるとわかっています。
スギの木の花粉が飛散する1月~4月の間に、小さな子どもが発熱はみられないのにクシャミを連発したりサラサラした水っ洟が出続けているような状態だったなら、もしかしたら『スギ花粉症』の可能性があるでしょう。
ここで、こちらを参照してください。
70代以上の高齢者や慢性的な疾患を患っている方は、より肺炎を発症しやすく治療が長引くという傾向にあるため、事前の予防や迅速な手当が重要なのです。
子供の耳管の作りは、大人の耳管に比べると太目で短い形であり、またほぼ水平になっているため、黴菌が入りやすいのです。小さな子供が急性中耳炎に罹りやすいのは、このためだと言われています。
急性中耳炎(Acute otitis media)とは、一番代表的な中耳炎で比較的子供に多くみられる病気です。耳の痛みや38℃以上の発熱、酷い鼓膜の炎症、膿が出てくる耳漏(じろう)などのさまざまな症状が発生するのです。

杉花粉症などの症状(鼻みず、鼻づまり、くしゃみ等)のせいで夜間しっかり眠れないと、それが要因で睡眠不足に陥り、翌朝目覚めてからのすべての活動にダメージを与えるかもしれないのです。
赤ちゃんが受ける予防接種の不活化ポリオワクチンは、今までの生ワクチンに替わり、平成24年9月1日より原則無料で接種できる定期接種になるので、病院などで接種するというになっています。
30才から39才の間に更年期がやってくるとすれば、医学用語で表すと「早発閉経(そうはつへいけい・POF)」という病のことを指します(日本の場合は40歳以下の女の人が閉経する症状のことを「早発閉経(POF)」と言います)。
一旦永久歯の表面を保護しているエナメル質を溶かすまでに拡がってしまった歯周病は、たとえ炎症自体が落ち着くことはあっても、失ったエナメル質が元通りに復活するようなことはまずありません。
体を維持するのに必要なエネルギーとして瞬時に機能する糖質、人の細胞の新陳代謝に欠かせない蛋白質など、激しいダイエットではこういった活動を確保するために欠かすことができない栄養素までも乏しい状態にしている。