突然発症する急性腸炎(acute enteritis)は、大抵は腹痛・悪心・嘔吐・下痢に見舞われる位で済みますが、バイ菌の感染による腸炎の場合は猛烈な腹痛・ずっと続く吐き気・繰り返す嘔吐・下痢の他に38℃以上の高熱も出るのが特徴なのです。
常在細菌であるブドウ球菌(staphylococcus…coccusはラテン語で「粒」の意)はグラム染色で紫になるグラム陽性球菌で、大別すると毒力の非常に強い黄色ブドウ球菌(staphylococcus aureus)と一方は毒素が軽微なコアグラーゼ陰性ブドウ球菌(CNS)の2つが挙げられます。
世界保健機関(WHO=World Health Organization)は、有害なUV-A波の度を越した浴び過ぎは皮膚疾患を誘引する可能性が高いとして、18歳以下の若者がファッション感覚で肌を黒くする日サロを利用する行動の禁止を強く求めています。
花粉症の緒症状(鼻みず、酷い鼻づまり、くしゃみ等)のために夜よく眠れないと、それが誘因で慢性の睡眠不足に陥り、次の日の行動性に悪影響を及ぼすかもしれません。
音楽会の施設やダンスを踊るためのフロアなどに備えられたすごく大きなスピーカーの真ん前で大きな音を聞き続けて耳が聞こえにくくなることを「急性音響性難聴(きゅうせいおんきょうせいなんちょう)」と言っているのです。

クシャミ、鼻みず、鼻詰まりや目のかゆみ・異物が入っているような感覚などの花粉症の代表的な諸症状は、アレルギーを引き起こす花粉の飛散している量に追従しているかのように悪化の一途を辿るという特性があるとわかっています。
「体脂肪率(body fat percentage)」というものは、体内の脂肪の蓄積している歩合であって、「体脂肪率(パーセント) = 体脂肪の量(キログラム)÷体重×100」という計算式によって確認できます。
ここで、こちらを参照してください。
30才から39才までの間に更年期が訪れるとすれば、医学的に表すと「早期閉経(premature menopause)」という女性疾患を指します(我が国では40歳未満の女の人が閉経する状態を「早発閉経(そうはつへいけい)」と言います)。
不整脈の期外収縮(きがいしゅうしゅく)は、病気でなくても出現することがあるのでさほど難しいトラブルではないのですが、短時間で発作が次から次へと起きる場合は危ないといえます。
緊張性頭痛というものはデスクワークなどでの肩凝り、首筋のこりが要因の最も一般的な頭痛で、「頭を力いっぱい締め付けられるような強い頭痛」「頭が重たいような鈍い痛み」と言い表されています。

鍼灸の鍼を気になる所に刺してもらう、という物体的な刺激が、神経細胞を活性させ、神経インパルスと呼ばれる要は電気信号の伝達を発生させるという考え方が浸透しています。
ポリフェノール最大の作用は水溶性のビタミンCや脂溶性であるビタミンEなどとは違って、細胞と細胞の間の水溶性部分、脂溶性部分、更に細胞膜でも酸化しにくくする効果に優れています。
ストレスが蓄積してしまう原理や、手軽で有用なストレス対策法など、ストレスに関しての適切な知識を学んでいる人は、まだ少ないようです。
エイズウイルス、すなわちHIVを含んでいる精液や血液、女性の母乳や腟分泌液等のあらゆる体液が、看病する人などの粘膜や傷口などに触れれば、感染する危険性が出てくるのです。
ピリドキサミンには、かの有名なアミノ酸をTCA回路(tricarboxylic acid cycle)と呼ばれるエネルギーの代謝のために必要となる重要な回路に取り込むため、もう一度クラッキングさせるのを助長する機能もあるのです。